GitHub Pagesでサイト作ってみる(Middlemanで)

GitHub Pages Middleman

Posted on 2015-03-27


フロントエンドエンジニアがどうやって作ってる?って話になるとだいたいGrunt使ってる?Gulpどう?ってなる。
SassだのCoffeescriptをコンパイルしてローカルサーバーたてながら自動でリロードして確認しながら作れるのが効率いいというか余分なこと考えなくて済むというかで前はどうやって作ってたっけ?

でも最近のお気に入りはMiddlemanだったりする。

Middleman

screencapture-middlemanapp-com-jp

でMiddlemanの何がいいっていうとこれらのことを自動でやってくれるか、もしくは少しのコードを書くことでできるようになる。

  • Sass、Compassのコンパイルと複数ファイルの結合と圧縮
  • CoffeeScriptのコンパイルと複数ファイルの結合と圧縮
  • Livereload
  • ローカルサーバー
  • slimやerb、hamlの変換
  • 共通部分のインクルード
  • GitHubへのコミットとGitHub Pagesへのデプロイ
  • Amazon S3へのファイルアップロード

GruntやGulpってJavaScriptですがMiddlemanはRubyで記述すればいい。
JavaScriptよりもずっと簡潔なコードで設定できるのが気に入っている。

これまでブログをずっとWordpressでやってきたんだけどSass、CompassやCoffeeScriptなんかでさくっとデザイン変えたりしたいんだけどあんまり相性がよくない。
ならどんな環境がいいんだろうと調べたらGitHub PagesをMiddlemanで運用するのが良さそうってなってざくっと変えたわけです。

GitHub Pages

screencapture-pages-github-com

実際にどうやってかというのは次回以降に書こうと思う。

shigeki.takeguchi

渋谷の某ソーシャルゲームの会社でフロントエンドエンジニアとして働いてます。20世紀よりウェブ業界。気づいたらアラフィフ業界人です。
まだまだ現場で粘り強く作る側でいたいと思います。

By year

  1. 2017 (10)
  2. 2016 (23)
  3. 2015 (13)
  4. 2013 (15)
  5. 2012 (21)
  6. 2011 (34)

© 2012 shigeki.takeguchi