どこへいったんだフロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア 採用 中途採用

Posted on 2017-12-07


ここ1年くらいはほぼ現場のことだけ考えていれば良かったんだけどまた少し社内というか部署のフロントエンドエンジニアについて考える機会が出てきた。
まずは採用なんだけど以前に比べるとかなり応募が減った。
会社の魅力が減ったというのはあるのかもしれないけど、派遣会社の営業や人材紹介のエージェントからも「フロントエンドエンジニア」の提案がかなり難しくなったと聞く。

実際のところ社内でも長く働いている派遣社員を直雇用に、契約社員を正社員にってことを以前に比べると積極的にしているので大手やそれに準ずるところ、またそれなりに雇用にお金をかけれるところなどは同じようにしているんだろうなと想像はつく。
能力の高い人の流動性が減ったということなんだろう。
また若い人だとフィンテックやそれ系の勢いのあるベンチャーなどへもフロントエンドエンジニアが雇用されていっていることもあるんだと思う。
それだけフロントエンドエンジニアやマークアップエンジニアへの認知があがって需要が高くなったということなんだろう。 そのわりにフロントエンドエンジニアを育てようという学校も多くはないしそもそも一般の人がフロントエンドエンジニアになりたいと思うような機会ってぜんぜんないしな。
誰か脇役でもいいからフロントエンドエンジニアが出て来るドラマ作ったりしないだろうか。。。

あと自分がいるようなソーシャルゲームを作っている大手のIT系事業会社ってどう思われているんだろう。
働く場所として魅力的に思われているんだろうか。
印象なんだけどベンチャーのがやっぱ今っぽいし面白そうって感じはすると思う。 興味があって何社か訪問したことあるけど以前に比べると仕事と生活のバランスもちゃんと取れそうなベンチャー企業も増えたしね。

そんなこんなで考えているのはフロントエンドエンジニアが少しでも増えるよう職業としての魅力を伝えないといけないし、またいっしょに働きたいと思ってもらえるようにしないといけないってことですね。いやぁ、いい会社なんですよ。弊社(どこだよって感じですよね!)。

しかしどこへいったんだフロントエンドエンジニア。

shigeki.takeguchi

渋谷の某ソーシャルゲームの会社でフロントエンドエンジニアとして働いてます。20世紀よりウェブ業界。気づいたらアラフィフ業界人です。
まだまだ現場で粘り強く作る側でいたいと思います。

By year

  1. 2017 (15)
  2. 2016 (23)
  3. 2015 (13)
  4. 2013 (15)
  5. 2012 (21)
  6. 2011 (34)

© 2012 shigeki.takeguchi